この頃耳にする「インボイス方式」って何?仕組とイメージから解説

「インボイス」方式のイメージ

もともと『インボイス』とは送り状や納品書を示す言葉だが、軽減税率とセットで使われている『インボイス方式』では、仕入れ先に税額と、その商品を売った事業者を示す登録番号が記載される必要がある。

つまり、『インボイス方式』とは、現在の請求書に、納品物毎の税率と税額、登録番号が付加されたものを発行する方式だと考えれば分かり易い。単純化したイメージを作成したのでご覧いただきたい。

インボイス方式イメージ

 

この『インボイス』の発行を義務づけるのだ。

『インボイス方式』が採用されれば、例えば販売時は消費税8%で売っておいて、仕入れは10%扱いにすることで、納税額を少なくしてごまかすといったことが難しくなる。

また、税額の確認や販売者の確認を追跡調査することが容易になってくる。

1ページ目から読む