この頃耳にする「インボイス方式」って何?仕組とイメージから解説

正しい議論は行われているか

ただ、この方式は事業者の経理負担が増えるし、経理システムの変更に時間やコストがかかってしまう。

そこで、軽減税率の導入直後は、一時的に現在の請求書に税率の違いをマーキングするだけで良いとする、簡易な方式が認められる予定だ。

とはいえ、いつかは対応せねばならないのだから、事業者にとっては頭が痛い所だろう。それに、軽減税率の対象を決めるのも、判断するのも面倒だ。

そもそも、軽減税率を導入してまで消費税を増税する必要は無いのではないか、といった議論がもっと盛り上がって欲しかった。

それは、法人税の軽減のために外形標準課税を拡大して、中小企業を倒産に追い込む(かもしれない)といったおかしな方向に向かっていることにも言えるのだが……。

 

【参考・画像】

※ 『請求書等保存方式』と『インボイス方式』 : 財務省

※ kou / PIXTA

【関連記事】

※ いよいよ1月から!マイナンバーについて確認したいことを今一度おさらい

※ あなたは知ってる?10月開始の「マイナンバー制度」が資産管理に与える影響

※ 師走へ突入!年末年始に自分でできる愛車の冬支度ポイント5つ

※ 今年のブラック企業大賞が決定!問われるモラルと企業のあり方

※ もしかしてブラック企業かも…社員の「幸福度」をデータ化できる!?

1ページ目から読む