再生医療は進むか?細胞を傷つけずに培養細胞の酸素代謝を計測できる「柔らかいシート型センサ」を開発

細胞技術の産業化のために要請された技術

setnws_20151203171259953987569386_406214

source:http://www.t.u-tokyo.ac.jp/

 

研究成果は米国のオンライン科学誌『PLOS ONE』に掲載された。今回の研究の背景には細胞技術をめぐる以下のような事情があったという。

近年、iPS細胞などの細胞技術の発達により、医薬品開発から再生医療研究まで、培養細胞の使用範囲が大きく拡大しているが、細胞技術を産業化するには、研究に使う細胞を同じ品質で供給する方法や、細胞の状態を傷つけない「非侵襲(ひしんしゅう)・非破壊」で評価する技術が必要となるという。

しかし、現在市販されている酸素センサでは、培養液中の酸素濃度を計ることはできるものの、品質を評価する指標の一つである「酸素消費量を計測することができなかった。

同時に、従来の方法では、代謝活性を測定するために細胞を培養シャーレから剥がして専用の装置の中に細胞を移す必要があり、この段階で細胞を傷つけてしまうため、培養状態で代謝を計測できるような手法が求められていたのだ。

1ページ目から読む