再生医療は進むか?細胞を傷つけずに培養細胞の酸素代謝を計測できる「柔らかいシート型センサ」を開発

自動光学計測システムと組み合わせ計測に成功

今回、研究グループが開発したセンサは、柔らかな透明ポリマーシートの表面に、『マイクロチャンバー』と呼ばれる髪の毛の太さほどの微小なへこみが数多く形成され、その中に酸素濃度によって発光応答が変わる、リン光発光性金属錯体のセンサを備えている。

このシートを培養細胞や生体組織に載せ、自動光学計測システムと組み合わせて使うことで、1分間に100箇所の自動計測が行え、がん細胞や脳組織中の神経細胞の酸素代謝を計測することに成功したとのことだ。

今回の成果を用いれば、個々の細胞や細胞コロニー単位で代謝活性を計れるため、薬効の評価や治療に使用する、細胞の品質管理に役立つと考えられている。

また、これまで不可能だった、生体組織の細かい部位ごとに挙動の変化を調べられるため、医薬品の開発において薬効や活性、性質の改善を示す物質を探し出す“スクリーニング”に新たな道を拓く可能性も指摘されている。

共同研究グループが開発した、貼ってはがせる柔らかいシート型センサは、大量生産も可能だということだ。

医薬品開発や再生医療用に使う細胞の品質管理技術への応用が期待されており、さらなる研究の発展が楽しみだ。

 

【参考・画像】

※ http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/press/setnws_20151203171259953987569386.html

※ wavebreakmedia / Shutterstock

【関連記事】

※ ひとりでも多くの人命救助を。ドクターヘリの早期出動判断を行う救急自動通報システム「D-Call Net」

※ マラリアを撲滅させるかもしれない「蚊」が遺伝子操作の是非を問う

※ 筑波大の研究によるとサッカー熟練者は状況判断が速い!?

※ iPhoneを通じた画期的医療研究。「ResearchKit」対応アプリが日本からも登場

※ ウェアラブル化に期待!手話を自動翻訳する装置で豊かなコミュニケーションを

1ページ目から読む