ポルシェのピュアEV「ミッションE」が2020年を目処にデビュー、走りは鮮烈なスポーツカー

ポルシェ「Mission E」の魅力

 

ポルシェ初となるピュアEVの『Mission E』は、4ドア・4シーターにもかかわらずポルシェらしいデザインを身にまとい、走りは鮮烈なスポーツカーに仕立てている。

搭載するモーターは最高600馬力以上を発揮、0-100km/h加速は3.5秒以下、最高速度は250km/h、航続距離は500kmに達し、このスペックはライバルと目されるテスラ『モデルS』を強く意識している。

駆動方式はAWD(4輪駆動)で『Le Mans 24時間レース』に参戦した 『Porsche 919 hybrid』のドライブ・システムを受け継いだ、新開発のものとなる。

テスラ『モデルS』は、よくも悪くもアメリカ車らしい大味な乗り味であったのに対し、ポルシェ『Mission E』はドイツ車らしい、精緻な乗り味になるだろう。

1ページ目から読む