ポルシェのピュアEV「ミッションE」が2020年を目処にデビュー、走りは鮮烈なスポーツカー

ディーゼル・ゲート事件の影響

mission e

source:http://newsroom.porsche.com/

 

ポルシェはVW傘下の企業で、その他のグループ企業、Audiやランボルギーニといったブランドとうまく棲みわけを行い、ラインナップを用意、モータースポーツ活動を行っている。

VWがディフィート・デバイスを使い、不正を働いたディーゼル・ゲート事件の影響により、経営陣は刷新、グループとしてもクリーン・ディーゼルからハイブリッド、EVへと一気に舵を切った。

『Mission E』の発売にゴーがかかったのも、この影響があるだろう。

EVはこれまでエコばかり注目されてきたが、ポルシェが作るEVは“スポーツ”であることを訴求することだろう。

エンジンでは達成できなかった、新しいスポーツドライブの世界が広がるに違いない。

 

【参考・画像】

Mission E – Porsche

※ World premiere for Porsche Mission E – PORSCHE

【動画】

※ Concept Study: Mission E – Tribute to tomorrow. – YouTube

【関連記事】

※ 日本カー・オブ・ザ・イヤー「ロードスター」は何がスゴかったのか

※ 環状交差点が普及するヨーロッパと、これから普及する日本の未来

※ 10年連続「革新的企業」1位のApple。上位を見ると浮かびあがる自動運転車への期待

※ 師走へ突入!年末年始に自分でできる愛車の冬支度ポイント5つ

※ 自動運転への布石で来年6月、国交省がミラーレス解禁か?

1ページ目から読む