来秋の新型登場に高まる期待!今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

プリウス「PHV」と「HV」の違いは?

『プリウスPHV』はいわゆる“充電できる”プリウスとして知られている。

HV(ハイブリッド車)もPHV(プラグインハイブリッド車)も共に1.8Lエンジンを搭載しているが、大きな違いは駆動用2次バッテリーの容量が拡大されている点だ。

HV用の約3倍となる4.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載している。

これにより、20km程度の距離までなら、エンジンを使わずにモーターのみで静粛な走行が可能(JC08モード:26.4km)。

減速時のエネルギー回生(発電)システムにより、状況次第ではさらに航続距離を伸ばせる可能性も有る。

例えば、日々の近距離の通勤や買い物程度なら充分EVとして使える。

一方、HVの場合はモーター走行が主として発進時に限られ、発進後はエンジン走行に切り替わる。

 

PHVには、回生エネルギーの出し入れが早いリチウムイオンバッテリーが搭載されているため、特に加減速の繰り返しが多い街中では効率よく充電が行われる。

もちろん、バッテリー残量が減っても、ピュアEVのようにハラハラしなくても通常のHVとしてエンジンによる走行が可能だ。

TOYOTA_PRIUS_PHV

source:http://toyota.jp/priusphv/

1ページ目から読む