やっぱり日本はガラパゴス!? ローテク通信「電報」がなくならないワケ

シンデレラの靴が先方へ!?

また『D-MAIL』の祝電カテゴリーの中に、何とシンデレラのガラスの靴が先方に送られるというサービスもある。これはもちろん、ディズニーの版権を得た上での取り組みだ。

maineImg

(c) 1999 東日本電信電話株式会社

 

花嫁がこの靴を履けなかったらどうしよう、という憂いもあるかもしれないが、ともかくこの祝電は、まさに一生ものの思い出となるくらいのインパクトである。

このように我が国の電報は、通信手段としての古めかしさを、補って余りある付加価値を有している。

もちろんそれには日本人の文化的特性も大きく作用しているが、一方で新しい企画を開発していくための工夫は、旧式化したインフラを独自に発展させるということが証明された。

電報は、斜陽を迎えてなどいないのだ。

 

【参考・画像】

※ D-MAIL – NTT東日本

※ うるし電報「胡蝶蘭」 / シンデレラ(ガラスの靴)- D-MAIL

※ SAKODA / PIXTA

【動画】

※ インドの電報サービス、7月15日で終了へ – YouTube

【関連記事】

※ この頃耳にする「インボイス方式」って何?仕組とイメージから解説

※ 師走へ突入!年末年始に自分でできる愛車の冬支度ポイント5つ

※ いよいよ1月から!マイナンバーについて確認したいことを今一度おさらい

※ 環状交差点が普及するヨーロッパと、これから普及する日本の未来

※ iPhoneの牙城を崩すかも知れない?アップルが苦手とする2つのこと。

1ページ目から読む