市販予定FCVも展示!ホンダがエコプロダクツ2015で未来の水素社会を提案

c151208a_001H

source:http://www.hondanews.info/

 

ブースでは、東京モーターショーでデビューし、2016年3月からリース販売を開始予定の、新型FCV(燃料電池自動車)『CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)』の市販予定車を展示。

また、FCVから最大出力9kVAのAC出力が可能な外部給電器『パワーエクスポーター9000』の市販予定モデルも出展する。

th_powerexporter9000

撮影:平塚直樹(東京モーターショー 2015にて)

 

FCVに貯めた電力を家庭用電源に変換できる外部給電器『パワーエクスポーター9000』は、クルマのトランクにも収納できるほどコンパクトで、持ち運びも便利。

アウトドアではもちろん、災害時などで停電した時に被災地に持ち込み、FCVを非常電源として利用することもできるもの。FCV+外部給電器のコンビネーションは、ホンダが独自に提唱する新しい水素社会の目玉のひとつだ。

他にも、FCVやEV(電気自動車)から家庭へ電力供給を可能にするV2H対応DC普通充電器『ホンダ パワーマネージャー』も出展される。

また、国際サーキット『ツインリンクもてぎ』にある、森の自然体験ミュージアム『ハローウッズ』でのノウハウを活かした、新しい森づくり『ホンダウッズ』の取り組みなども紹介される予定だ。

●主な出展内容
・新型FCV『CLARITY FUEL CELL』<市販予定モデル>
・外部給電器『Power Exporter 9000』<市販予定モデル>
・V2H対応DC普通充電器『Honda Power Manager』
・『HondaWoods』の取り組み展示
・子どもクラフト体験コーナー(クリスマスオーナメントの制作など)
・『フィットEV』同乗体験

ホンダが提唱する、水素を中心としたエコで持続可能な社会や環境への取り組み。

イベントへ行く予定がある方は、ぜひブースで体験してみて欲しい。

 

【参考・画像】

※ 「第17回 エコプロダクツ2015」Honda出展概要 – HONDA

エコプロダクツ2015

【関連記事】

※ PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

※ 来秋の新型登場に高まる期待!今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

※ ポルシェのピュアEV「ミッションE」が2020年を目処にデビュー、走りは鮮烈なスポーツカー

※ トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案

1ページ目から読む