得なの?損なの?新自動車課税、税率は4段階に

ますます車は売れなくなるかも

結論としては、消費者はどう転んでも負担が大きくなりそうだ、ということだ。

そのため、自動車業界は、重い税負担で国内市場が縮小し、生産が減少すれば当然コストが上がってしまい、国際競争力も低下してしまうと危機感を持っている。

また、ネットユーザー達の声には、「高額なエコカーを買える富裕層優遇」だとの意見も多い。

自動車取得税が廃止になったとしても、全く喜べないという方向に議論は進められている。

 

【参考・画像】

※ 自動車新税にメーカー危機感 重い税負担で「市場はどんどん小さくなる」 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

※ 燃費新税、消費増税を緩和 新車の半分非課税に  :日本経済新聞

※ <自動車新税>非課税対象車を拡大…全体で200億円減税 – BIGLOBEニュース

【関連記事】

※ この頃耳にする「インボイス方式」って何?仕組とイメージから解説

※ 来秋の新型登場に高まる期待!今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

※ 市販予定FCVも展示!ホンダがエコプロダクツ2015で未来の水素社会を提案

※ 日本カー・オブ・ザ・イヤー「ロードスター」は何がスゴかったのか

※ 環状交差点が普及するヨーロッパと、これから普及する日本の未来

1ページ目から読む