これぞ、発想の転換!? 大気中から二酸化炭素を集めて活かすアプローチとは?

食・農業・エネルギーに、二酸化炭素を有効活用

Climeworksのシステムを通じて回収された二酸化炭素は、食・農業・エネルギーなど、様々な分野での転用が期待されている。

食の分野では、二酸化炭素を水やソフトドリンクなどに溶かして発泡性を付与したり、包装袋の二酸化炭素濃度を高くすることで、生肉や野菜の鮮度を保つことが可能だ。

また、二酸化炭素を固体にすれば、ドライアイスとして、食品の輸送時の冷蔵・冷凍などに幅広く利用できる。

農作物の栽培においても、二酸化炭素の有効活用が見込まれる。Climeworksによると、回収した二酸化炭素を温室菜園に注入することで、野菜の生育を20%程度高めることができるそうだ。

二酸化炭素から合成燃料を生成する取り組みも始まっている。

独大手自動車メーカーのアウディ(Audi)は、2014年から、『DAC(ダイレクト・エアー・キャプチャー)』による二酸化炭素回収の技術開発においてClimeworksと提携し、二酸化炭素と水から生成する合成燃料の研究開発を進めている。

これが実用化されれば、水素や電気に代わる新たなクリーンエネルギーが、自動車用燃料として加わることとなるだろう。

 

「減らす」だけでなく「活かして使う」という発想も

地球全体の二酸化炭素の排出量の伸びは、年々、鈍化傾向。

英イースト・アングリア大学(University of East Anglia)らの研究結果によると、2015年の排出量は、世界経済成長期以降初めて、前年に比べて減少する見通しだ。

地球温暖化や気候変動を食い止めるためには、二酸化炭素をはじめとする温暖効果ガスの排出を抑制するのはもちろん、すでに大気中に存在する二酸化炭素を効率的に集め、有効に活用しようとする試みも、まだまだ検討の余地がありそうだ。

 

【参考・画像】

Climeworks

Out of Thin Air – Audie Encounter

Global CO2 emissions projected to stall in 2015 – University of East Anglia

【関連記事】

※ 市販予定FCVも展示!ホンダがエコプロダクツ2015で未来の水素社会を提案

※ 「COP21」が今ひとつ話題にならないのは世間が冷静である証拠?

※ ダイムラーがEVやPHVの廃バッテリーを再生して送電用に活用、将来的な低価格化に?

航続距離は600km!塩水を循環して発電するスーパーEVの実力

※ 生態系保全と雇用創出の一石二鳥!海藻パワーを活用した養殖システムとは

1ページ目から読む