地震・津波観測監視システム「DONET」とスパコン「京」のコラボで、海底での長周期地震動の特徴とその成因を明らかに

防災や減災の研究に期待される「DONET」と「京」のコラボ

今回の『DONET』と『京』のコラボの成果は、地震情報や防災現場に混乱をもたらす、地震解析上の誤差を無くす研究に活かされることになる。

さらに、今後も長周期成分の陸域への影響や、震源要素解析の高度化が進められることで、防災や減災に役立つことが期待されている。

地震情報に関しては、外れてくれることを祈りたいものだが、長い目で見ると避けようのない現象でもある。

精度の高い解析で確実な防災と減災を実現し、安全で住みよい世の中への貢献を願わんばかりだ。

 

【参考・画像】

※ 地震・津波観測監視システム「DONET」で海底における長周期地震動を観測 – 東京工業大学

※ frantisekhojdysz / Shutterstock

【関連記事】

※ ビッグデータは日本に任せろ!70億人が束になっても敵わないスパコン「京」が「Graph500」で2期連続世界一

※ 夜空をキャンバスに!「人工流れ星」に願いは届くだろうか?

※ 筑波大の研究によるとサッカー熟練者は状況判断が速い!?

※ 再生医療は進むか?細胞を傷つけずに培養細胞の酸素代謝を計測できる「柔らかいシート型センサ」を開発

※ マラリアを撲滅させるかもしれない「蚊」が遺伝子操作の是非を問う

1ページ目から読む