「iPad」5年の歴史を振り返って見えてきた、Appleがタブレット市場で負ける可能性

スペック面は順当な進化

 

まずはスペックだ。正直、スペック面は、順当な進化を遂げているだけに過ぎない。重量が初代より約35%軽量化し、厚みも半分以下になっている。

Retinaディスプレイ化やカメラの搭載、端子の変更やプロセッサメモリ量の増加、Touch IDの搭載など全てiPhoneの真価に準ずる形で進歩してきているに過ぎない。

ただ、今年発表された『iPad Pro』はその限りではない。

今までiPhoneの一歩先をいくスペックを作り続けてきたiPadであったが、『iPad Pro』ではその何歩も先の、Macと肩を並べるまでの性能をもったマシンとなったのである。

iOS機でありながら、Macすら凌ぐ性能のマシンは作ることができる。それが明らかになるとさらにタブレットは今後PC、Macと同化していくのではないか。

そんなことが、5年目にして出てきた『iPad Pro』からは感じることができるだろう。

 

タブレット文化の牽引

次に考えられるのが“文化”だ。

『iPad』がここ5年で作り上げた一番の功績は、製品でも、サービスでもなく文化ではないだろうか。

そもそも、世の中にタブレット端末がほぼ普及していなかった状況から、これだけタブレットを当たり前に使う世界に変化させた立役者は、何を隠そう『iPad』に他ならない。

この裏側にはApp Storeの存在も大きく影響している。『iPad』を発売日に購入して使い始めた筆者が最初に感じたことは、iPhoneに比べ圧倒的にアプリが少ないことであった。

ゆえにできることがあまりなく、『iPad』を何に使うか頭を悩ました覚えがある。

iOSデバイスは「アプリの数=できることの数」といっても過言ではないことを考えれば、現在のアプリのラインナップはそのまま『iPad』の成長の記録といえる。

Officeにも対応し、本格的なお絵かきや、写真の現像も可能で、多種多様な電子書籍も読むことができる。

ここまでタブレットが活躍する状況を作り出したことこそが、『iPad』の真価といえるのではないか。

1ページ目から読む