「iPad」5年の歴史を振り返って見えてきた、Appleがタブレット市場で負ける可能性

iPad、今後の展開は

今後もしばらく、『iPad』はタブレット業界トップを走り続けることが予測される。その背景には前述したApp Storeの存在が大きく影響している。

ただ、そこで明暗を分ける可能性があるとすれば、タブレットとPCの境界が曖昧になることがあげられる。

今年7月時点での調査では、タブレットの成長は着実に鈍化している。さらに、その鈍化している中でも伸び続けているのは“2 in 1マシン”だという結果も出ているのだ。

今後もこの傾向がもし続く物だとすれば、“2 in 1マシン”を作らないと明言するAppleは、確実に不利になってくるだろう。

性能面でも“2 in 1”は現実的になっている今、Appleがタブレット市場で勝ちつづけるか否かは、そこにかかっているのかもしれない。

 

【参考・動画】

Every iPad Speed Test Comparison 2015 – YouTube

【画像】

※ sergey causelove / Shutterstock

【関連記事】

※ 「iPad Pro」が変えるかもしれないあなたの生活シーン

※ iPhone/iPadはスマートに持ち運ぶ。定期も、ペンも、スタイラスも。

※ Apple CEOティム・クック曰く、iPadとMacBookを混ぜあわせることはない

※ クラウドだけが解決策ではない!物理的にiPhone、iPadの容量を増やす「iACCESS」

※ いよいよ来る?期待の4インチ「iPhone 6c」と「Apple Watch 2」は来年3月発表か

1ページ目から読む