小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」米認可取得

認定取得の意味

東京モーターショー 2015のホンダブース。

大きなフロアの端におかれていたのが、『ホンダジェット』のエンジンであった。

自動車の祭典であるモーターショー、関連技術は奥の奥にやられがちだが、それでも人々はわざわざ足を運び、興味深くそのエンジンに見入っている姿が印象的だった。

 

honda jet

 

ゼネラル・エレクトリック(GE)社と共同開発した理由について、説明員に訪ねたところ、こんな答えが返ってきた。

「(ジェット)エンジンなんて、極論で言えばどこのメーカーでも作れるんですよ。だからホンダだって作るだけはできる。しかし型式認定をとるのには長年蓄積した経験と認定をとるための技術が必要。そのためにGEと共同開発したんです。」

型式認定とは、米連邦航空局(FAA)が安全基準を満たしているかどうか認定する制度で、これを受けない限りアメリカ市場では販売できない。

新興メーカーが型式認定をとるのは大きなハードルだが、その大きなハードルを今回、ホンダが乗り越えることに成功した。

米連邦航空局(FAA)から型式認定を受けたのだ。

これにより実際に販売、アメリカの空を『ホンダジェット』が飛ぶことが可能となる。

1ページ目から読む