最低料金5000円!? 革命起こす「引越版Uber」

単身者向けのサービス提供へ

関東エリアでの食品配達を主な業務としていた『軽town』は、来年2月から引越業務を手がける予定だ。

これは主に単身世帯に向けたもので、最低価格は何と5,000円から。名の知れた大手の引越し企業では、この低価格はなかなか実現できないだろう。

その秘密は“フリードライバー”にある。空いた時間に引越し業務を行なうことができるドライバーと契約し、独自開発のアプリを通じて顧客がドライバーを照会できるというものだ。

これはまさに、Uberそのものである。

軽town

source:http://www.kei-town.com/

 

一人暮らしをしている人にとって、引越しは頭痛の種である。筆者も経験があるが、業者に頼めばかなり高くついてしまうからだ。

これが一世帯4人とか5人という家庭なら、まだ割に合うかもしれない。だが家具の数などたかが知れている一人暮らしの者にとって、引越し業者への依頼は身に余るものなのだ。

軽トラ1台あればいいということで、大抵の場合は暇な友達とレンタカーを借りて自分たちで家具を運ぶ。

そうしたニーズを取り込んだ業者が、ついに現れたのだ。

1ページ目から読む