話題のスパム「vvvウイルス」気をつけるべき7つのポイント

進化する「vvvウィルス」

世界でも、日本における急増が認められているが、メッセージが英文であることから、特別に日本を狙っているわけではないらしい。しかし、感染率が上がっていることは間違いなさそうなので、注意すべきだ。

また、当初はスパムメールでばらまかれていたウィルスだが、最近ではウェブ上のネット広告からも感染させるように進化しているらしい。

しかも、やっかいなことにクリックしなくても自動再生する広告からダウンロードされるらしいので、そのウェブサイトを開いた時点で、もうダウンロードを止められない。

しかし、もし感染しても身代金を払ってはいけない。金を払ったところで、パソコンから駆除されていないウィルスが何度でも発症するし、何も対処されない可能性も高いからだ。

 

ウィルスに感染しないために注意したい7つのこと

それでは感染しないためにできることはあるのだろうか。

カスペルスキー公式ブログでは、感染してしまったときの対策等の注意を呼びかけているが、その中から感染を予防する対策の要点をピックアップしてみた。

 

■1:迷惑メール対策を施すこと。

■2:見知らぬ発信者からのメールに添付されているファイルを開かないこと。

■3:知り合いのメールでも怪しい内容の添付ファイルは開かないこと。乗っ取られている場合がある。

■4:Windowsの拡張子を表示する設定にしておき、「.exe」や「.vbs」「scr」などの拡張子ファイルがダウンロードされたりしたら、注意すること。

■5:OS、インターネットブラウザー、Flash、Javaなどは常に最新版に更新しておくこと。

■6:有名で信頼できる強力なセキュリティーソフトを導入する事。

■7:見慣れない怪しいプログラムが実行されていることを見つけたら、すぐにインターネットの接続を切ること。

 

特にOS、Flash、Java等の更新とセキュリティーソフトの導入は必須であろう。

大切なデータを守るためにも、ウィルスの最新情報には注意しておくようにしよう。

 

【参考・画像】

※ ランサムウェアからファイルを守る10のヒント – カスペルスキー公式ブログ

※ ランサムウェア「CrypTesla」を拡散させる一連のマルウェアスパム攻撃を詳細分析 – トレンドマイクロ セキュリティブログ

※ ばらまき型メールによるランサムウェア感染が国内で増加中 – ウイルス・セキュリティニュース

※ Ollyy / Shutterstock

【関連記事】

※ やっぱり日本はガラパゴス!? ローテク通信「電報」がなくならないワケ

※ 百害あって一利なしな「歩きスマホ」の対策はどうすべきか

※ 通勤電車で必ず座れたら、ワークスタイルはどう変化するだろう

※ 【未来探訪#001】最新AIの基礎知識①山川先生、今ドキの人工知能って自分で学習するんですか?

※ 環状交差点が普及するヨーロッパと、これから普及する日本の未来

1ページ目から読む