テイクアウトします、と買って店内で食べればOK?軽減税率のグレーゾーン

軽減税率の線引きは「外食」かどうか

消費税の軽減税率の対象は『酒類と外食を除いた食品全般』という議論に落ち着いてきた。

そして、曖昧とされてきた外食の境界線が、政府・与党によってまとめられたことが14日に分かった。詳細は今週中に正式決定する与党税制改正大綱とその付属文書で示されるようだ。

つまり、まだ揺れ動く可能性が高いが、現段階でどうなっているか見てみたい。

まず、『外食』の定義が決まった。食品衛生法上の事業者(飲食店や喫茶店)がその場で飲食できるテーブルや椅子などが、設置された設備で飲食物を提供することだという。

この『外食』は軽減税率の対象にならない。つまり消費税が普通に課せられる。

しかし、これらの店からでも持ち帰り(テイクアウト)した場合や、宅配・出前された場合は軽減税率の対象になる。つまり、自宅で食する食品を購入したとみなされるので消費税は8%でよいという見解だ。

 

例えば、蕎麦屋やファストフード店の店内で食事をした場合は外食として軽減税率の対象外になり10%の課税となる。

しかし、蕎麦屋で出前をとったり、ファストフード店でテイクアウトした場合は食品として軽減税率の対象となり8%だ。

今回、加工されているかいないかは問題にならなかったので、自宅で食べるために購入した食品は、素材の野菜や肉でも加工されたハム、あるいは弁当なども全て軽減税率の対象となり8%となる。

しかし、ショッピングセンターなどのフードコートで食べる場合は外食となり10%だ。ところがショッピングセンター内のスーパーなどで弁当やサンドイッチを買ってきてフードコートで食べた場合は8%だ。

これは返却する食器やトレーを使ったかどうかで分類される。

似たケースとして、コンビニのイートインコーナーはどうだろう。

ここがグレーゾーンで、イートインコーナーで食べるために買った食品は10%だが、何も考えないで買ってから、「あ、ついでだからここで食べていこう」と食べ始めた場合は8%になる。

などなど、文章で書くと分かり難いので、以下の表をご参照頂きたい。

軽減税率対象例

1ページ目から読む