テイクアウトします、と買って店内で食べればOK?軽減税率のグレーゾーン

「グレーゾーン」も残る

今回の線引きには、まだまだ“グレーゾーン”がある。

例えば、マクドナルドでコーヒーを購入する際、「お持ち帰りですか?」と聞かれて「はい!」と購入すればやはり8%だが、「やっぱりここで飲んでいこう」と店内で飲み始めた場合、どうなるのか?

また、食料品がメインかどうかわかりにくい、玩具付き菓子は軽減税率対象とされているが、どうみても玩具がメイン商品との線引きが曖昧だ。

などと、我々が軽減税率の線引きに夢中になっている内に、消費税の増税が既成事実化されようとしている。

 

ところで面白いのは、新聞が軽減税率の対象になりそうだ、ということだ。

新聞(と系列のテレビ局)は、長年かけて世論を増税の正当化に誘導したため、ご褒美と言うことだろうか。

何しろ新聞など、今の時代なくても困らないから、食品の様な『生活必需品』ではないはずだ。

もっとも、増税で国民が貧困化すれば、新聞の購読者も減るのだが……。

 

【参考・画像】

※ 食品「飲食場所」で線引き 軽減税率、出前・持ち帰り適用  :日本経済新聞

※ ra2studio / Shutterstock

【関連記事】

※ 得なの?損なの?新自動車課税、税率は4段階に

※ 百害あって一利なしな「歩きスマホ」の対策はどうすべきか

※ この頃耳にする「インボイス方式」って何?仕組とイメージから解説

※ 話題のスパム「vvvウイルス」気をつけるべき7つのポイント

※ 1分でおさらい、改正航空法 ドローンはどこで飛ばせるの?

1ページ目から読む