手のひらから可憐に飛び立つキュートなドローン「ONAGOfly」

アメリカのクラウドファンディングサイト『INDIEGOGO』で、先行販売キャンペーン中のこのモデルは、手のひらに収まる大きさながらとっても高機能だ。

yp8amf8zv1ylizydjiyg

source:https://www.indiegogo.com/

 

全体の大きさは125×125×46mm。

プロペラは75×11×5mmサイズを4枚装着。重さも140gと超軽量で、サイズ的には子供のおもちゃに最適な感じ。

飛行させるには、ボタンをひとつ押せばOK。手のひらからでも軽々と飛び立つ。

 

自動追尾する姿がかわいい

注目なのは、オートフォロー機能。

ユーザーのスマホなどのデバイスから、WiFi経由でGPS情報を取得し、どんなところへも飛びながら後をついてきてくれる。

その飛ぶ姿は、なかなかキュートだ。さしずめ、AIを搭載し、飼い主の後を自ら追うロボットバードといったところか。

ofudrwrqhe7n7owifukl

source:https://www.indiegogo.com/

 

当然、カメラも内蔵しているので、例えば、空からスポーツシーンの動画や画像を撮影することも可能だ。

撮影できるのは15メガピクセル(1080p)の画像や、HD・30FPSビデオで、iPhone 6Sへ送信することも可能だ。

tlkqvksbedbgukbovvk1

source:https://www.indiegogo.com/

 

ドローンの様々な制御は、無料の専用アプリ『ONAGOfly App』をスマホにダウンロードすればOK。

飛行中の操縦もタッチパネルで簡単にできるし、ジャイロ機能を使って、スマホの向きを変えて方向転換などをさせる操縦モードもある。

もちろん、カメラの撮影も、スマホのカメラメニューから操作することが可能だ。

プロペラは電動モーターで動き、バッテリー満充電での飛行時間は約15分。まぁ、レジャー用と考えれば、十分な航続距離だ。

 

価格は、前述の『INDIEGOGO』キャンペーン価格で199ドル(約24,000円)。

この価格なら日本でも、飛行ルールを守れば楽しめそう。気になる方はサイトをチェックしてみてはいかがだろうか?

 

【参考・画像】

※ ONAGOfly: The Smart Nano Drone(INDIGOGO)

【動画】

※ ONAGOfly: The Smart Nano Drone – YouTube

【関連記事】

※ 恐怖の火炎放射ドローン登場 「病めるアメリカ」の象徴か

※ 1分でおさらい、改正航空法 ドローンはどこで飛ばせるの?

※ 飛行機の視点を疑似体験!? 頭の動きで操作できるVR飛行機型ドローン

※ 空を自由に飛ばせちゃうって!? あなたのスマホをドローンにするという無謀すぎるプロジェクト

※ 災害時には空撮で地図を。「ドローン基地立ち上げ」プロジェクト

1ページ目から読む