【未来探訪#005】3DプリントとIoTで「ものづくりの民主化」に挑むスタートアップベンチャーKabukuの挑戦

人工知能を使った「マス・カスタマイゼーション」

Kabukuの事業の中で、今後我々にとって身近になりそうなのが、上記2のB to Bソリューションだ。

特に、トヨタとの共同事業は、欧米で最近流れが来ている“マス・カスタマイゼーション”の試みだという。

 

稲田代表、

<トヨタi-ROADのエクステリアパーツをフルオーダーできるシステムです。

お客様が選んだデザインや色などを、我々が開発したソフトウェアを使ってクラウド上で3Dデータに自動生成します。そして、そのデータを3Dプリント工場へ送り製造、お客さんに届けるといったサービスです。

こういった、自分だけの“究極の1点モノ”が簡単に作れるソリューションを、“マス・カスタマイゼーション”と呼んでいます。

“インダストリー4.0”を提唱するドイツやアメリカのスタートアップ企業などで、最近始められているものなんですが、これこそ3Dプリンターをはじめとするデジタルものづくりならでは。

従来の製造機械では金型が必要で、金型を作るには1つで数百万円することも。コストや時間的にリスクをとれなかったんです。>

 

th_000_0062-1

 

<一方、3Dプリンターなどのデジタルものづくりなら、データさえ作れれば金型が不要なので、1点ものでもコストが安い。すぐに作れるので、在庫を持たなくて済みます。トヨタさんとの事例は、そういったソリューションの走りだと言えるでしょう。

また、我々には、(前述の通り)世界30カ国で提携している工場があります。

なので例えば、アメリカのユーザーさんからオーダーがあった場合はアメリカの工場で、日本のユーザーさんからのオーダーは日本の工場で作る、といったこともできます。

速く作れる上に、物流の時間やコストも抑えることができるんです。>

 

ちなみに、こういった3Dデータ自動生成のソフトや最適な工場を選ぶ裏側のエンジンには、人工知能を使ったビッグデータ解析の技術が取り入れられている。

稲田代表は、東京大学大学院で人工知能研究に携わったひとり。共同事業者の足立昌彦氏も人工知能の研究経験者だ。

また、Kabukuのスタッフには、機械系や電気系、ロボットやIT系など、様々な分野のスペシャリストが集まっている。

1ページ目から読む