【未来探訪#005】3DプリントとIoTで「ものづくりの民主化」に挑むスタートアップベンチャーKabukuの挑戦

3Dプリンターの普及で産業が一変!?

このように、3Dプリンターを中心に事業を展開しているKabukuだが、今後の世界の動きや市場動向をどう捉えているのだろう?

稲田氏、

<家庭用3Dプリンターは、ご存じの通り、家電量販店で3万円代で販売されるなど、かつての数百万円台から一気に安くなりましたよね。これは、2009年にFDM(熱溶解積層法)という技術の特許が切れたことが契機です。

産業用3Dプリンターにも、同じようなことが今起きています。こちらは、2014年にSLS(粉末焼結積層造型法)という技術の特許が切れました。これにより、産業用の方も、3年前は数億円したものが、1/10の価格になるのも近いうちに起こります。

そのため、欧米では多くの企業がこの市場に参入しているし、日本でもキヤノンさんやリコーさんなどが参入しています。今後も、新規参入をする企業は増えるでしょうね。>

 

1

 

クルマや家、自分だけのメガネも!

3Dプリント製品は、今後様々なものが出てくるという。

稲田氏、

<3Dプリンターというと、日本ではまだ「プロトタイプの試作品を作るためのもの」というイメージがあります。

ですが、欧米ではすでに最終製品を作るために活用している企業・団体が増えてきています。>

th_kabuku_support_material-4-690x518

 

<例えばクルマ。

アメリカのスタートアップ企業ローカルモーターズでは、クルマの大部分を3Dプリンターで作っています。しかも、世界中のエンジニアやデザイナーを巻き込んだオープンプラットフォームで。だから、圧倒的なスピードで開発が進んでいるんです。

他にも世界中で、ドローンやカメラのマウント、家具や家、義肢やインプラントといった医療関係など、様々なものが3Dプリンターで作られています。

また、NASA(米航空宇宙局)では、火星探査などに使う次世代ローバーの部品を、3Dプリンターで製作。

アメリカ軍では、ピザのような食料を作る研究も行われているなど、宇宙航空や軍事関連にまで、3Dプリンターが使われるようになってきています。>

th_kabuku_support_material-2-690x518

 

<素材もすでに、樹脂や各種金属、石膏から木まで、様々なものが使えるようになってきていますね。この辺りも、これからさらに、対応する素材が増えていくでしょうね。>

 

th_kabuku_support_material-6-690x518

 

<そして、あと2~3年もすれば、スマホに3Dスキャナー機能が装備されると言われています。

そうなれば、自分の体のサイズをスキャンしてデータをネットで送り、3Dプリンターで製品を作ることも可能になる。

自分の体型や好みにあったメガネやウェア、シューズなどを、WEBで当たり前に買える時代が到来します。そうなれば、“マス・カスタマイゼーション”が急速に進むでしょうね。>

1ページ目から読む