どんなスマホでも「3Dタッチ」ができる?あの「Instagram」がAndroid版で驚きの新機能を発表

アプリ上で自在に3Dタッチを体験!

その機能とは“3Dタッチ風の操作”で、 『Instagram バージョン7.13』より任意で使用できるようになっている。

 

『iPhone 6s/6s Plus』には、画面押す力を測定してくれる『3Dタッチ』という機能が付いているが、それと似たような機能をAndroidデバイスでも体験できるのが 『Instagram』の新機能だ。

写真や動画のサムネイルを長くタップするとその投稿の拡大プレビューを表示できたり、拡大した投稿をその場でいいね!やコメントをつけたり、投稿を共有することもできるようになっている。

Androidデバイスで画面を押す力を測定するデバイスは少ないが、長押しを駆使することによって似たような操作が出来るので、この新機能は大手アプリサービスでは珍しい“革新的なアイディア機能”と言えるかもしれない。

 

「3Dタッチ風操作」のアプリが増えていくかも

これまで、Androidデバイスでは『3Dタッチ』を備えた機種やタッチスクリーンコントローラーなどがいくつか発表されてきたが、どれもまだ広く普及するまでには至っていない。

しかし 『Instagram』のような、世界的に有名な人気アプリが“3Dタッチ風の操作”を搭載することで、他のAndroidアプリでも、このような操作が採用されていく可能性があるだろう。

さらに“3Dタッチ風の操作”だけではなく、他の最新機能を普及率の高いアプリが発信し模範となっていくことで、他のアプリにも反映される、良いサイクルが完成していくのかもしれない。

 

【参考・画像】

※ Instagram Now Lets You “3D Touch” Photos On Android – Android Police

【動画】

※ “3D Touch” on Instagram for Android – YouTube

【関連記事】

※ 買い替えどき?Apple、iPhone 5s以前のユーザーに買い替えを勧めはじめる

※ コードを絡めずに済むぞ!iPhoneでワイヤレス充電を可能にする「Gecko」

※ その裏には何の意図がある?Apple純正「Smart Battery Case」はどうしてこうなった。

※ いよいよ来る?期待の4インチ「iPhone 6c」と「Apple Watch 2」は来年3月発表か

※ 耐久性従来比3.5倍!新発売Lightningケーブル充電器、テーマは「断線防止」

1ページ目から読む