トヨタのFCV「MIRAI」の受注が3,300台超え!大反響で納期は3年以上先

世界的に水素ステーション整備が加速

既に、政府や東京都は、2020年の東京五輪に合せて水素社会の実現に向け動いている。

来年3月には、ホンダがFCV『クラリティ』のリース販売を開始、トヨタも『MIRAI』に続き、次期『Lexus LS』に燃料電池仕様車を設定する計画とみられる。

TOYOTA_MIRAI

source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

今後は、海外の自動車各社を含め、米ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)対応で、量産モデルにFCVを設定する動きが活発化すると予想されることから、国内に限らず水素供給のための、インフラ整備を加速させる必要性がいっそう高まりそうだ。

 

【参考・画像】

※ TOYOTA Global Newsroom

TOYOTA USA

【動画】

トヨタMIRAI生産 シャシー工程 – YouTube

【関連記事】

子供でも運転できる本物のFCV「MIRAI」がお台場MEGA WEBに登場

PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?

トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案

次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

1ページ目から読む