パッと見でわかる「色が変わる絆創膏」で感染症を防げ!

細菌が抗生物質への耐性を持つ事を防ぐ

この変色する絆創膏が期待されているのは、抗生物質を投与するタイミングを知ることで、不必要な抗生物質を避けることにもある。

というのも、医師は感染症の予防のために、抗生物質を投与し過ぎることがある。その結果、かえって細菌に抗生物質への耐性を持たせて状況を悪くしてしまうことがあるからだ。

しかし、病原となる細菌の存在を絆創膏が知らせたときだけ抗生物質を処方すれば、効果的な治療ができる。

この絆創膏は、既にプロトタイプとしてはできており、2018年には臨床試験を始められる見込みだ。

実用化されれば、感染症を防ぐ有効なツールとなって医療現場を助けるだろう。

 

【参考・画像】

※ A Bandage That Glows to Warn of the Presence of Bacterial Invaders – MIT Technology Review

※ Un cerotto che individua le infezioni – Wired

【動画】

※ Colour-changing burns dressing will help in the fight against infection and antibiotic resistance – Vimeo

【関連記事】

※ 進む医療へのテック企業進出「針のない採血ツール」をGoogleが開発

※ MITが開発した「スマートな包帯」は衛生の未来を変えるか

※ 再生医療は進むか?細胞を傷つけずに培養細胞の酸素代謝を計測できる「柔らかいシート型センサ」を開発

※ ひとりでも多くの人命救助を。ドクターヘリの早期出動判断を行う救急自動通報システム「D-Call Net」

※ iPhoneを通じた画期的医療研究。「ResearchKit」対応アプリが日本からも登場

1ページ目から読む