TwitterがFacebook化?タイムラインからユーザー親密度に合わせたツイートを優先表示に

タイムラインを全て見る必要がなくなる?

Twitterは、もともとタイムラインという名前のとおり、時間軸ですべてのツイートを追うことができた。単純にいえば今まで自分が見たツイートと見ていないツイートを単純に見分けることが可能だったのだ。

それに対しFacebookのニュースフィードは、さまざまなリコメンドエンジンなどを駆使し、おそらくユーザーが好むであろう投稿を優先的に表示させる、“エッジランク”というアルゴリズムを用いている。

日頃よく“いいね!”を押している友人の投稿はフィードに表示されやすい。一方、関係性の薄い友人の投稿はあまり表示されないようになっている。(ちなみに、企業がもつようなFacebookページにおいても、1万人のフォロワーを抱えるFacebookページ群のなかでも、“いいね!”や“コメント”、“シェア”に大きな差があったりするのは、この“エッジランク”によるものだ。)

また、ユーザーの方で優先的に表示させる・させない特定のユーザーなども設定でき、ニュースフィードに流れてくる情報を上手くカスタマイズできる。

1ページ目から読む