「免許不要」であなたもパイロット?今注目「ウルトラライトプレーン」の注意点

相次ぐ無許可飛行

そして、これ以外にも、飛行の際にはやはり国交省の許可を得なければならない。

だが実のところ、この辺りの話題は国交省ではかなりナーバスになってきている。というのも、今年に入り軽量飛行機による事故が相次いだからだ。

『ウルトラライトプレーン』の墜落に限って言えば、今年8月に茨城県つくば市で発生した事故が挙げられる。複座式の機体に乗っていた2人は、その場で死亡が確認された。

また、これは通常の飛行機による事故だが、7月末には調布市の住宅街に小型機が墜落するということもあった。賢明なる読者諸兄諸姉も、この事故のことは鮮明に覚えておられるだろう。

この2件の事故は、共通している点がある。それは飛行に必要な許可の取得が充分ではなかったということだ。

従って国交省は現在、航空関係者や団体に対し許可申請の徹底を呼びかけている。

『ウルトラライトプレーン』の操縦は、国家資格を必要とする飛行機のそれに比べたら、投じる費用や時間は遥かに少なくて済む。素晴らしいレジャーであることには違いない。

しかし、それは同時に大きな責任を課せられるということだ。

 

【参考・画像】

超軽量動力機とは(国土交通省公式サイト)

※ Artur Janichev / Shutterstock

【関連記事】

※ 小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」米認可取得

※ 1分でおさらい、改正航空法 ドローンはどこで飛ばせるの?

※ 恐怖の火炎放射ドローン登場 「病めるアメリカ」の象徴か

※ 人型ロボット「ペッパー」のアルバイト時給は1500円!全国に派遣先を拡大

※ テイクアウトします、と買って店内で食べればOK?軽減税率のグレーゾーン

1ページ目から読む