究極のスマートモビリティ「自転車」を相互シェア!東京4区で広域実験

ドコモが東京4区で広域実験

余談はさておき、本題。

NTTドコモとドコモ・バイクシェアは、2016年2月から東京都の千代田区、中央区、港区、江東区の4区内なら、どこでも移動可能な自転車シェリングの広域実験を開始する。

これら4区は、既にドコモの自転車シェアリングサービスを区内限定で実施中。

今回の実験では、各区ですでに設置してある計16カ所のサイクルポート、1,115台の自転車(いずれも2015年12月1日現在)を相互利用する。

自転車の貸出や返却が、該当区内なら自由にできるわけだ。

 

自転車の集中・偏りの改善を検証

これは、立派なスマートモビリティの実験だ。

4区内で、効率的な移動手段として自転車を有効活用。自転車なら、当然CO2排出ゼロで超エコ。漕げば運動にもなるから、まさに“一石三鳥”だ。

実験で検証されるのは、主に自転車の集中・偏りを緩和して、スムーズな貸出や返却ができる運営体制について。

これは例えば、中央区に貸出用自転車が集中して返却され、江東区には全くない、などといった事が考えられるからだ。

こういったシェアリングサービスにつきものの問題点を、いかに改善するかの方策について検証される。

ちなみに、サービスに使われるドコモの自転車は、電動アシストタイプ。前述の通り、筆者のライバル(?)だ。

しかも、通信機能やGPS機能、遠隔制御機能(貸出・返却制御やバッテリー残量などが分かる)を採用。サイクルポートの設備を簡略化することができる。

また、本体の操作パネルにはカードリーダーも搭載。

おサイフケータイに対応した、携帯電話やスマホ、ICカードをかざすだけで、その場ですぐに貸出/返却ができる。

筆者のMTBよりも、かなりハイテクだ。

1ページ目から読む