仮想現実を体感しながら冒険するテーマパークの準備が進められている

仮想現実を体感できるのはもうすぐだ

このところ、仮想現実の技術が次々と身近になってきている。

2014年には、FacebookがヘッドセットメーカーのOculusを買収した。そして一般消費者向けのヘッドセット『Rift』がこの冬に発売されるだろう。

また、Googleやサムスンが、スマートフォンで仮想世界に浸れるデバイスをリリースしている。

これらのデバイスは、リビングに仮想現実をもたらすかもしれないが、ボイドのクリエイターたちは、もっと大がかりな仮想現実を用意している。

まずは、ユタ州のプリーザント・グローヴに、8エーカーのゲームセンターが建設されている。このプロジェクトは、以前インターネットセキュリティ会社のDigiCertを立ち上げた、起業家のKen Bretschneider氏が率いている。

そこでは、6~8人のグループがヘッドセットなどを装着し、仮想現実の世界を20分間冒険するために、一人ずつ34ドルを支払う。すると、60×60フィートのステージを動き回ることになる。

『ボイド』の完成版は、8月か9月までオープンしない予定だが、既にベータセンターが開設され、新しいもの好きの訪問客は、10ドル払うことで6~7分の体験版を試すことができる。そこは30×30フィートのステージが用意されているのだ。

そこでは、古代の寺院や薄汚れた未来的研究施設を歩きながら、待ち受ける巨大なクモやエイリアンと対峙することになる。

 

また、寺院で見つけたエレベータに乗れば、実際に移動するように感じ、地面に降り立つとジャングルに入ったように感じさせるために、実際に霧が吹き付けられ風を感じ、ジャングルの湿った空間を感じられる様になっている。

なお、『ボイド』では戦闘機に乗ってシューティングする仮想現実を体験できる施設も設置される予定だ。これはかなりテンションが上がる体験になるだろう。

まずは、ユタ州での『ボイド』が成功すれば、日本に上陸することもあるかもしれない。

 

【参考・画像】

※ Inside the Void, a Virtual-Reality Experience in Utah That Combines Real Heat and Water with Animated Adventures – MIT Technology Review

※ The Vision of Infinite Dimensions – THE VOID

【動画】

※ THE VOID – YouTube

【関連記事】

※ VRによってエアロバイクがレーシングゲームになるかも

※ VR用の撮影も可能!手のひらサイズの全天球カメラ「Luna」

※ それってもう仮想ではないのでは…。仮想現実でパンチを受けるとショックを感じちゃうデバイス

※ 音楽が見えるように!? スマートヘッドフォン「ORA-X」がスゴい

※ 飛行機の視点を疑似体験!? 頭の動きで操作できるVR飛行機型ドローン

1ページ目から読む