スリムが一番 キーボード一体型PC「PCWP004」

手軽なスタートアップは高齢者層へ普及するか

WP004(テックウインド提供)

提供:テックウインド

 

『WP004』はその幅広い活用が期待されているが、僭越ながら筆者は「高齢者世帯への普及促進」を提言したい。

もはや社会インフラとして欠かせない存在のパソコンやインターネットであるが、これらを本格的に始めたいものの、最初のうちからあまり気張った製品を買うのもどうだろう……と考える高齢者は多くいるはずだ。“敷居の高さ”というものにつまづいているパソコン初心者は、今も昔も決して少なくない。

筆者を含め、普段からキーボードを叩いているうちにはあまり想像できないかもしれないが、これからパソコンを始めようという人は「何と何を揃えたらインターネットができるの?」という疑問を抱いている。だからこそ、メーカーは「これだけ揃えればインターネットができます!」と主張しなければならない。

そういう意味でも『WP004』のスリムさ、シンプルさは、非常に大きなアドバンテージとなるはずだ。

 

【参考・画像】

テックウインド、Windows 10を搭載した「キーボードPC」を発売 – テックウインド公式サイト

【関連記事】

※ 15ドルの超小型コンピュータボードはアップルの再来になれるか

※ 話題のスパム「vvvウイルス」気をつけるべき7つのポイント

※ 2分割のキーボードが弧を描いてスライド!ほぼA5サイズのPC「ポータブック」

※ ノートPCや一体型PCが手軽に作れる!99ドルのPC簡単自作キット「pi-top」

※ ビッグデータは日本に任せろ!70億人が束になっても敵わないスパコン「京」が「Graph500」で2期連続世界一

1ページ目から読む