「空の審査機関」FAAの決断。米でドローン登録始まる

番号付与を義務付け

FAAは12月21日から、アメリカ国内のホビードローン所有者に向けた登録制度を実施する。

その内容は、重量0.55ポンド(約250グラム)から50ポンド(約23キロ)までのドローンすべてに登録番号付与を義務付けるというものだ。登録番号はFAAが一手に発行し、その申請の際に所有者は個人情報を明らかにする必要がある。

登録番号は自動車のナンバープレートのように、ドローン本体に表示しなければならない。しかも、FAAは、ドローン登録を来年2月までに済ませるように呼びかけている。それを怠れば高額の罰金が課せられる可能性もある。

先日施行された我が国の改正航空法よりも、遥かに厳しい規制内容だ。なぜFAAがこのような厳格な態度を示したかといえば、やはりテロの脅威があるからだろう。

今年1月、ホワイトハウス上空にドローンを飛ばしたとしてシークレットサービスのメンバーが拘束された。その人物は事件当時酒に酔っていて、面白半分にドローンを飛ばしていたという。

国籍不明機やミサイルの攻撃に対応できるはずのホワイトハウスが、市販のホビードローンを捕捉できなかったという事実は全米を震撼させた。

この分だと、大統領など簡単に暗殺できるのではないか? アメリカ全州の市民がそう考えてしまってもおかしくない事態である。

1ページ目から読む