日本初、いやアジア初!日本が発見した新元素が『ジャポニウム』になるかも

113番元素の発見競争

新元素の名称と元素記号については、発見したチームに提案の権利が与えられる。

既に113番の元素については、日本の研究チームが発見者として認められそうなため、『ジャポニウム』になりそうだと言われている。

92番以降のウランより重い元素は自然界には存在しないため、113番も人工的に合成された元素だ。

元素周期表

source:http://www.riken.jp/

 

113番の元素とは、原子番号(陽子の数)が113の元素を示す。元素周期表上では13族となり、アルミニウムなどと同じ族だ。

質量数は278で鉄の約5倍の重さを持つが、不安定なため寿命は僅か1,000分の1秒だという。

まだ、科学的な性質などは不明だ。

113番元素がアルファ崩壊する様子

source:http://www.riken.jp/

 

この113番元素が初めて発見されたと主張されたのは2003年で、ロシアのドブナ研究所とアメリカのローレンス・リバモア研究所の合同研究チームが発見者として主張していた。

しかし、113番元素であることの裏付けが不十分だったため、認められてはいなかった。

理研も、2004年と2005年に113番元素を合成できたと主張したが、やはりデータ数が不十分として認定されなかった。

その後も発見競争が行われ、2012年9月に理研が3回目の合成を成功させた。

加速器で加速させた30番の亜鉛の原子核を、83番のビスマスに衝突させることで113番元素を作り出したのだ。

 

この発見が、国際学術機関で認定されそうだという。

1ページ目から読む