スマホとの関係性を見直すきっかけになる。何もできないスマホ「NoPhone」

何もできない。そこに意味がある

この『NoPhone』は、スマートフォンと呼ぶべきプロダクトではないかも知れない。

『NoPhone』という名前の通り、電話はできない。それどころか、画面もなければバッテリーもない。音楽再生もできなければ、写真も撮れない。

良くいえば、家電量販店にあるコールドモック。悪くいえば、スマホの形をしたプラスチックのかたまりに過ぎないのだ。

この製品に何の意味があるのか。それはスマホ依存に対する気づきを与えることにあるのではないか。

試しに1日、今使っているスマホの代わりにこの『NoPhone』を持って歩いて欲しい。

すると、いかに自分がそこまで必要としていないときにスマホを見ているかというのに気づくだろう。つまりそういった場面ではスマホが必要なのではなく、単純に手持ち無沙汰なだけだったり、他の何かで代用できるものかも知れないのだ。

それに気づくことができれば、自分のスマホに対する依存度を理解すると共に、浪費していた時間を取り戻すことができのではないだろうか。

この『NoPhone』は“無駄”に3種類あり、5ドル(約600円)~15ドル(約1,800円)とお手頃な値段だ。

しかも、ぱっと見ではスマホに見える程度のクオリティは担保してくれているので、これを持ち歩いていてもそこまで怪しまれることもないだろう。

もし、あなたがスマホとの関係性を見直したいと考えているのならば、決して悪くはない投資ではないだろうか。

 

【参考・画像】

No Phone

【関連記事】

※ 百害あって一利なしな「歩きスマホ」の対策はどうすべきか

※ 未来の東京はスマホの充電切れがない都市に?無料充電スポット「シティチャージ」

※ オーナーでなくとも欲しいかも!テスラのiPhoneアクセサリが登場、スマホ対応グローブも

※ 「薄く、エッジもきれいに収まる」iPhone6以降の悩みを解決するガラスフィルム

※ iPhoneを鳴らすこともできる、なくさない財布「Ekster Wallet」

1ページ目から読む