食品成分表が15年ぶり大幅改定。貧血防止の干しひじき、実は鉄分少ない?

時代の変化に合わせた改定

『日本食品標準成分表』には、食品が100グラム当たりに含んでいる、カロリーや成分について記載されている。

これが、飲食店などのメニューのカロリーや栄養計算の目安に使われたり、学校給食の栄養バランスを取るための根拠とされてきた。

それが15年ぶりに、時代の変化に合わせた大幅改定となった。

まず、多様化した食品に合わせて、掲載食品数は従来の1,878食品から2,191食品に増加した。

食品成分表の沿革

source:http://www.mext.go.jp/

 

例えば、伝統的な食文化として刺身、天ぷらなどが追加され、健康志向が反映された発芽玄米や亜麻仁油などが追加された。

また、食品アレルギーへの配慮として、米粉パンや米粉麺などが追加されている。

食生活の変化も反映されて、ベーグルやキウイフルーツ、ブロッコリースプラウト、唐揚げ、とんかつ、餃子なども追加されている。

また、ノンアルコールビールなども追加された。

ベーグル

source:http://www.mext.go.jp/

 

他にも、これまで成分表として『アミノ酸成分表』『脂肪酸成分表』があったが、これらに『炭水化物成分表』が追加されている。

これには854食品のデンプンや糖類の量が記載されている。

炭水化物成分表が追加された

source:http://www.mext.go.jp/

1ページ目から読む