食品成分表が15年ぶり大幅改定。貧血防止の干しひじき、実は鉄分少ない?

貧血防止のひじきの鉄分が激減

今回の改訂内容で最も注目されたのは、調理具による栄養素の違いだ。

特に、貧血予防に良いとされてきた、干しひじきや切り干し大根に含まれる鉄分が、最近の調理器具が使われた場合は、大幅に減少する事が記されて波紋を呼んでいる。

例えば、ひじきの鉄分は、鉄釜で調理された場合は58.2ミリグラムだが、最近の主流であるステンレス釜で調理されていれば、僅か6.2ミリグラムだと記載されている。

ひじき

source:http://www.mext.go.jp/

 

また、切り干し大根も以前は鉄分が9.7ミリだったが、鉄製の包丁からステンレス製の包丁で調理されることを前提に、3.1ミリグラムに書き換えられた。

このような結果は、現在流通している料理本やメニュー、健康関係の本などを、書き換える必要性を示している。

時代を反映した改定は、広範囲に影響を与える事になりそうだ。

 

【参考・画像】

※ 日本食品標準成分表2015年版(七訂) – 文部科学省

※ Kei Shooting / Shutterstock

【関連記事】

※ クリスマスイブに販売再開!ごはんのおとも「ゆかり」のペン型が品切れ、何故人気沸騰したのか

※ テイクアウトします、と買って店内で食べればOK?軽減税率のグレーゾーン

※ この頃耳にする「インボイス方式」って何?仕組とイメージから解説

※ いよいよ1月から!マイナンバーについて確認したいことを今一度おさらい

※ エナジードリンクは有害か?今一度見直す「カフェインとの付き合い方」と食習慣

1ページ目から読む