FacebookがiPhone 6sの「Live Photos」に対応。Twitter、Instagramも続くか? 

Tumblrは既に対応済み。Twitter、Instagramも続く?

livephotos

 

Facebookは現在テスト段階ではあるものの、一部iOS版アプリユーザーに対して『Live Photos』のシェア機能を実装しているとのことだ。

既に、9月のiPhone発表の場において、上級副社長のフィル・シラー氏が『Live Photos』にFacebookが年内にはサポートする旨を公表しており、これが実現した形になる。

『Live Photos』の撮影自体は最新のiPhone 6s/6s Plusでしかできないものの、単純な閲覧であれば、OSが最新版になっているiOSデバイスであれば対応可能とのこと。

一方でTumblrは既に、12月前半iOSアプリ内で『Live Photos』に正式対応を開始しており、Facebookはそれに続く形となる。

今後、Facebookに続きTwitterやInstagramでの対応も予測される『Live Photos』だが、動画と写真の中間地点というフォーマットを、スマートフォンメーカーであるAppleが規定するというのは、なんとも今の時代を象徴した自体ではないだろうか。

Appleがつくる新機能が、その周辺を含めたサービス全般に、大きな影響を与える状態にあることは、サービスを使う一般ユーザーや、つくる側のプロバイダ側ともに、改めて認識しておく必要があるだろう。

 

【参考・画像】

9To5Mac

※ Sunny studio / Shutterstock

【関連記事】

※ TwitterがFacebook化?タイムラインからユーザー親密度に合わせたツイートを優先表示に

※ Live Photosの共有も!iPhone 6s/6s Plusならではの機能を活かせるアプリ5選

※ 知っておきたい!必ず役立つ10のiPhoneテクニック

※ 僕らの生活を変えたスマホは、なぜ爆発的に普及したのか

※ 配車サービスUber、Facebookメッセンジャーと「婚約」 新たな戦いの始まりか

1ページ目から読む