光りを放つ「次世代サイコロ」がボードゲームをハイソな遊びにするかも

どうせ転がすならワクワクできるサイコロを

また、サイコロということで、同じ面ばかりが上にならないように、バランスには最新の注意を払って製造されているが、完璧なバランスは必ずしも保証できないとしている。

この辺りは正直で好感が持てる。

LUMA DICEのバランス_l

source:https://www.kickstarter.com/

 

クラウドファンディングの『Kickstarter』で資金を調達中だが、本稿執筆時点で22日のキャンペーン期間を残しながら、既に目標金額の900%以上(!)を達成している。

どうせサイコロを転がすなら、カラフルに光っている方が楽しいと、思った人が多いのかもしれない。

意外といっては失礼かも知れないが、かなりインパクトのある需要スケールに、アイディアとはいくらあっても困らないものだなと、そう感じるばかりである。

 

【参考・画像】

※ LUMA DICE by MIN MENDIS – Kickstarter

【関連記事】

※ iPhoneを鳴らすこともできる、なくさない財布「Ekster Wallet」

※ 「GoPro」の対抗現る?世界最小の防水ウェアラブルカメラ「YoCam」

※ ペンで書くだけ!IoTで孤独死を防ぐ簡単コミュニケーションツール「みまもり」

※ 手のひらから可憐に飛び立つキュートなドローン「ONAGOfly」

※ 15ドルの超小型コンピュータボードはアップルの再来になれるか

1ページ目から読む