「10ベストエンジン2016」から読み解く北米市場のエンジン嗜好

EVやHV、PHVはエコや燃費で評価

一方で、最も小さな排気量のエンジンを搭載するシボレーボルトは、レンジエクステンダー付きEVで、エンジンは発電機として利用。

また、トヨタ・プリウスはハイブリッドモデル、ヒュンダイソナタもプラグイン・ハイブリッドと、エコや燃費といった点も評価している。

過給機をつけるエンジンも多く、10エンジン中4つ。3.5L以上のエンジンだけが自然吸気の純粋なエンジンであり、全体的な傾向としては大排気量か、モーターか、ターボかでトルクを稼ぐ傾向にあるといっていいだろう。

その点でビッグトルクを好む、いかにも北米市場らしい傾向である。

またトヨタ、日産、スバル、ヒュンダイ、BMWといった海外メーカーの選出も数多く、アメリカらしい公平性がみてとれよう。

 

根強いV6人気とV8信仰

アメ車、といえばこれまで大排気量がその代名詞であり、今もその嗜好は健在。

一方で、過給機やモーターでトルクを稼ぐダウンサイジングの傾向が強まっている。

エコや燃費に対しても一定の理解を示していると言っていいだろう。

とはいえ、北米市場ではV6が人気、V8は最高という信仰が見てとれ、それは今後も続いていきそうだ。

 

【参考・画像】

※ 2016 Wards 10 Best Engines Winners

※ Lena Pan / Shutterstock

【関連記事】

※ 世界でPHV開発加速の兆し「エコカー」の主役に

※ 「自動ブレーキ」の普及、重要なのはドライバーの心がけ

※ トヨタのFCV「MIRAI」の受注が3,300台超え!大反響で納期は3年以上先

※ PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

※ 得なの?損なの?新自動車課税、税率は4段階に

1ページ目から読む