「歩きスマホ」に「フェイクスマホ」、現代病「スマホ依存症」を読み解く

「スマホ依存症」の自覚

MMD研究所という調査機関のアンケートに依れば、スマホを持っている15歳~59歳の男女の内、「(スマホに)かなり依存している」と「やや依存している」の合計は、全体の8割を超えたと言う。

つまり、スマホを持っている人のほとんどが、スマホに依存しているという自覚を持っているのだ。この傾向は20代ではさらに強まるという。

それでは、そんなスマホに依存している自分を何とかしなければならない、と思っているかというと、そうでもないらしい。

同アンケートでは、約半数の人たちが“デジタルデトックス”によって、スマホ依存から抜け出す必要性を感じていないと答えたからだ。

つまり、多くの人がスマホに依存してる状態を、それはそれで構わないと考えていることになる。

 

歩きスマホが迷惑だと分からない人たち

自分一人が“スマホ依存症”になるのは自由ではあるが、社会への影響は考えた方が良さそうだ。

スマホを見ながら歩いている“歩きスマホ”で人にぶつかったり、駅のホームから落ちたり、側溝に嵌まったりといった事故も多い。

そのうち、食事中にスマホを見ていることも、行儀が悪いとは思われなくなるだろう。

このような人たちは、歩く時は歩く、食べるときは食べる、というようにけじめを付けることが難しくなっている。

1ページ目から読む