環境に優しいエネルギーとして天然ガスに注目。いすゞ、大型トラック「ギガCNG車」を発表

長距離トラックへの「CNG」搭載で変わる物流の環境負荷

1224_1

source:http://www.isuzu.co.jp/

 

いすゞ自動車が発表した、『ギガCNG車』は、大型トラックとして初めて東京、大阪間を無補給で走り切ることができる『CNG車』だ。

CO2、NOx排出が少なく、PMをほとんど出さない『CNG車』は、現在長距離輸送の主役であるディーゼル車と比べて環境負荷が非常に低い。

また、最新安全技術となる『プリクラッシュブレーキ』『車線逸脱警報(LDWS)』『ミリ波車間ウォーニング』『IESC(電子式車両姿勢制御システム)』が搭載されており、ドライバーの負荷も軽減、事故防止に役立つ。

脚光を浴びやすいのは自家用車であるが、物流を支えているトラックは、自家用車よりも環境負荷に対する影響度は高い。なかなか注目されにくい分野であるが、このような地道な変化が地球温暖化防止や大気汚染防止につながっていく。

新東名高速を走るトラックが、ディーゼルから『CNG』に置き換わるだけでも大きな変化であろう。

引き続き動向に注目していきたい。

 

【参考・画像】

※ いすゞ、大型トラック「ギガCNG車」を発表 – ISUZU

NGV(天然ガス車) – TOKYO GAS

※ Deyan Georgiev / Shutterstock

【関連記事】

※ クルマにも塗れる?日本発の太陽電池「ペロブスカイト」の開発が加速

※ トヨタのFCV「MIRAI」の受注が3,300台超え!大反響で納期は3年以上先

※ 走りが進化した「新型プリウス」6万台受注で納車は5ヶ月待ち!?

※ 来秋の新型登場に高まる期待!今さら聞けない「プリウスPHV」と「プリウス」の違いとは?

※ 【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(HV/PHV編)

1ページ目から読む