「富士山帰属問題」と観光PR合戦。山梨と静岡、果てしなき攻防

富士を仰ぐ両県の明暗

富士山頂の行政区域はどこ?

実はこの問題は、未だ決着がついていない。公式には“境界未定地”となっているのだ。

これは日本独特の「和を以て貴しとなす」発想によるもの、ではない。両県の住民感情に配慮した結果だ。日本の象徴である富士山は、そうであるが故に「山頂をどこの行政区にするのか」を決めることができないのだ。

例えば去年、国土地理院製作の電子地図が山梨県で問題になった。富士山頂の住所が「静岡県富士宮市」になっていたからだ。これに対して、山梨県の横内正明知事(当時)が、地理院への抗議とも取れる声明を発表している。

富士山入山料の問題も、大いに揉めた。観光収入を念頭に置く山梨県と、環境保護を全面に出す静岡県。金額の調整、山開きの日程、入山料徴収を任意にするか強制にするかなどで、毎年議論を繰り広げている。

水と油のようなその思惑は、観光政策の違いにも表れている。

観光客誘致に大変熱心な山梨県に比べ、静岡県はそうしたことに重きを置かないのが現状だ。これには静岡県が、日本有数の重工業地帯だということが影響している。

静岡市内(澤田オフィス)

 

浜松市にはスズキとヤマハ系列企業の本社があり、静岡市にはタミヤやハセガワ、バンダイがある。

三菱電機のエアコン製造工場も建っているし、袋井市にはポーラが進出している。税収の面では、山梨県より遥かに有利な立ち位置にいる。

だが、“富士山戦争”ではそれが静岡県にとってマイナスとなっている。

1ページ目から読む