微小電気機械システム「MEMS」が従来の100分の1のコストで製造できるかも

様々なデバイスの価格を一気に引き下げる技術

こうしてできた部品は、市販の製品と同等のガス検知能力を発揮したのだ。しかも、数百ドルかかる部分を、セントレベルで実現できてしまう。

つまり、高品質な3Dプリンターがあれば、これらのことが実現する事が報告されたわけだ。

以上の話は、一見我々にはあまり関係なさそう。

しかし、この様な研究成果が実用化されるようになれば、我々が日常的に利用する身近な様々なデバイスが、一気に低価格化する可能性を秘めているのだろう。

 

【参考・画像】

※ Nanodevices at one-hundredth the cost – MIT News

【関連記事】

※ 若いうちからサッカーでヘディングをしすぎると危険?脳震とうの長期的なダメージとは

※ 日本初、いやアジア初!日本が発見した新元素が『ジャポニウム』になるかも

※ 遺伝子研究でサラブレッドがサラブレッドたる理由がわかったのかも

※ ソーラーパワーでニワトリの産卵を促す、世界初の養鶏向けLED照明

※ 人間らしくなる人工知能。膨大なデータが無くても、新しいことを学習できるAIとは?

1ページ目から読む