コタツより快適!人をダメにする機能もある「Room in Room」とは

部屋in部屋で温度が5度変わる

『Room in Room』は部屋の中に、さらに部屋を作ることによって暖気を確保できるアイテムだ。

広い部屋だと、エアコンを付けてもなかなか暖まらないし、エアコンのスイッチを切るとすぐ寒くなってしまうものだが、あえて狭い部屋を作ることで暖まりやすい環境を構築できる。

Room in Room_05

source:https://www.kickstarter.com/

 

部屋全体の温度と比べると、約5度ほどテント内は暖かくなるそうだ。

そこまで暖かくなれば、電気製品に頼らず冬を快適に過ごせることであろう。そうすれば光熱費も大幅に節約できるはずだ。

Room in Room_04

source:https://www.kickstarter.com/

 

暖かいだけでも快適だが、このテントには“人をダメにする”アイテムまで付属している。

例えば、このパソコンホルダー。テント内にぶら下げることによって、布団に足をいれたまま、コタツのような気分で背筋を伸ばしながら、ラップトップコンピューターを操作ができる。

Room in Room_02

source:https://www.kickstarter.com/

 

また、スマートフォン用ホルダーも付属。寝ながらスマホを操作使用とすると、手から落下して顔に当たってしまうが、こちらのホルダーもパソコン用ホルダーと同様にテント内にぶら下げることによって、手で握る必要なく、スマートフォンを閲覧することができる。

就寝前に、YouTubeなどを延々と見てしまうようなユーザーには、嬉しい付属品であろう。

8d07f239ca0bc89192228a5e8da16e8e_original

source:https://www.kickstarter.com/

 

『Room in Room』は、既にクラウドファンディングサイト『Kickstarter』で資金調達を完了しており、本格的な商品化に向けて動き出している。

日本でも取り扱い店が出てくることを期待しよう。

 

【参考・画像】
Room in Room – Kickstarter

【関連記事】

「Uber」も呼べる!多機能すぎて人をダメにするIoT目覚まし時計が登場

仕事への集中力アップ!? つい仕事中にネットサーフィンしちゃうヒトのためのデバイス

人をダメにするソファを「もっとダメにする」最終形アプリ

クルマにスクーターを載せるなら折りたためばいい

便利すぎてダメ人間になりそう…植物育成を代行するジョウロ「freiya」

1ページ目から読む