日本最大級ハードウェアコンテストで優秀賞も! 運転支援システムが手軽にセットできる「Pyrenee Drive Screen」

「GUGEN2015」で優秀賞

ちなみに、このデバイスは、ピーバンドットコムが主催する日本最大級のハードウエアコンテスト『GUGEN2015』の出展作品だ。

このコンテストは、世の中に新しいハードウェア製品を生み出そうとするスタートアップ企業を支援する目的で、2013年から開催されているもの。

各出展者の作品を公式ウェブページ上で発表し、一般投票や審査員の選考により、最も実用性や商品性が高いアイデアを選定。大賞や優秀賞の作品には、表彰や賞金の授与が行われる。

3回目となる今回は、112作品がエントリー。『Pyrenee Drive Screen』は、その中で大賞・優秀賞の候補10作品のひとつに選ばれ、12月19日に東京・秋葉原で開催された展示会・受賞式に進出した。

 

残念ながら大賞こそ逃したものの、見事に優秀賞をゲット!

賞金20万円相当が授与されたとともに、今後は製品化に向けたスポンサー企業の開発援助やマーケティング支援、パートナー企業の紹介などが行われる。

優れたデバイスだけに、ぜひ製品化して欲しいものだ。

価格次第だが、発売されたら筆者もぜひ1台! で、使ってみてよければ、九州の父へもスマホと一緒に。

来年80歳になり運転が心配な父だが、田舎はクルマなしで生活ができない。

父のみならず、田舎の年配者に運転支援デバイスは、もはや必須かもしれない。

 

【参考・画像】

※ Pyrenee Drive Screen -運転支援デバイス – GUGEN

【動画】

※ Pyrenee Drive Screen – Vimeo

【関連記事】

※ スマホを透明なカーナビに変える『HUDWAY Glass』がスゴい

※ バイク乗り待望!ヘルメット内に情報を表示するHUD

※ 配車サービスUber、Facebookメッセンジャーと「婚約」 新たな戦いの始まりか

※ 夜の歩行より安全に!簡単に付けれて気軽に買える「シューズ用LEDセーフライト」

※ クルマにも塗れる?日本発の太陽電池「ペロブスカイト」の開発が加速

1ページ目から読む