放送間近!大河の主役「幸村のスマホ袋」が数量限定で販売開始へ

和歌山の特産品を加工

和歌山県海南市に本社を置く株式会社協和は、1月12日からクラウドファンディングサイト『Makuake』において『すまほぶくろ・不惜身命パッケージ』を販売する。

すまほぶくろ(株式会社協和)

提供:すまほぶくろ(株式会社協和)

 

これは、和歌山県の特産品『きのくにレザー』を加工したものだ。また、商品を梱包する桐箱や付属のミニ畳に至るまで“100パーセント和歌山産”である。

『きのくにレザー』というものは、正直全国的な知名度が高いとはいえない特産品だ。

だが、この商品の販売をきっかけに、地元企業は『きのくにレザー』をPRしていくという。

 

数量限定商品

和歌山の職人が持てる技術をつぎ込んだこの商品は、“六文銭”になぞらえ、666個の数量限定販売である。

すまほぶくろ(株式会社協和)

提供:すまほぶくろ(株式会社協和)

 

海外の工場でライン生産されたものではないから、その販売数には当然限度がある。“量産品ではない特別の価値”が、そこにはある。

そして驚くべきことに、この『すまほぶくろ』には、既に専用のFacebookページまで存在する。ただの商品紹介ページというわけではなく、幸村の歴史などを追った内容構成になっている。

まずは、こちらのページを覗き、幸村について知り、大河ドラマ放送開始前の参考にするとよいだろう。

 

【参考・画像】

すまほぶくろ – 協和

すまほぶくろ Facebookページ

【関連記事】

※ ワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリーまで!? 嬉しい多機能を備えたiPhone 6s用ケース「Skybuds」

※ デキる大人にこそふさわしい、職人技が光る渾身のジェラルミン製高級iPhoneケース

※ 「5tの圧力」と「400度の高温」で実現する、本物の木の質感を持った超薄型iPhoneケース

※ 薄さ重視の人も耐久性重視の人も満足できるiPhone 6s/6用ケース「JEMGUN Fero」

※ 日本最大級ハードウェアコンテストで優秀賞も! 運転支援システムが手軽にセットできる「Pyrenee Drive Screen」

1ページ目から読む