本当にVR元年到来?予約開始された「Oculus Rift」未来はすぐそこに!

「Oculus Rift」とは

仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイの『Oculus Rift』は水中眼鏡のようなデバイスで、これを頭にかけることで仮想現実世界にダイブすることができる。

左右別々の映像を映し出すことで3D映像化、ヘッドトラッキング技術により上下左右はもちろん、前後上下の動きまで検知する。

それに合わせた画像をリアルタイムで生成し表示することで、まさにその世界に入り込んだかのように感じることができる。

まさに“Virtural Reality”を実現する夢のデバイスだ。

 

価格はアメリカ市場では599ドル、日本では送料込みで9万5,000円前後となりかなり高価な印象だ。

また、VRを作りだすコンピューティングパワーの要求性能も高く、Oculus対応のWindows PCが必要だ。

最小構成でビデオカードがNVIDIA GTX970/AMD R9 290同等以上、CPUは Intel i5-4590以上、メモリは8GB以上、ビデオ出力HDMI1.3以上、USB3.0ポートが3、USB2.0ポートが1、Windows7 SP1 64bit版以上が必要とされる。

発売時にはすぐに遊べるよう、スペースコンバットシム『EVE: Valkyrie』などのゲームがバンドルされる。

 

本当にVR元年となるか?

期待が膨らむが、それでも不安がないわけではない。というのも、これまでも何度も3DやVRといったものは元年が存在したからだ。

そして期待が高ければ高いほど体験との落差、落胆は大きく、これまで一般化したとはいえなかった。その理由は高価過ぎる、生理的に受け付けない、映像が未熟、処理能力が追いつかないなど様々だ。

『Oculus Rift』が本当にVRの世界を現実化できるかは、販売後のユーザーの反応にかかっているといっても過言ではない。引き続き注目していきたい。

 

【参考・画像】

※ Oculus Rift Pre-Orders to Open on January 6 – Oculus

【動画】

※ Oculus Rift Kickstarter Update – YouTube

【関連記事】

※ 仮想現実を体感しながら冒険するテーマパークの準備が進められている

※ VRによってエアロバイクがレーシングゲームになるかも

※ VR用の撮影も可能!手のひらサイズの全天球カメラ「Luna」

※ 【CES2016】ボッシュがスイッチの触感を再現した不思議な平面ディスプレイを開発、「コネクテッドカー」が生むもの

※ それってもう仮想ではないのでは…。仮想現実でパンチを受けるとショックを感じちゃうデバイス

1ページ目から読む