CES 2016アワード受賞!世界初ウェアラブル翻訳デバイス「ili」なら 海外旅行で愛も語れる?

誰もが世界で愛を語る日が来るか

ちなみに、このデバイスのプロモーションムービー『Kisses in Tokyo– ili (Wearable Translator) by Logbar』がなかなか楽しい。

内容は、イギリス人のスタッフ(?)が、東京(たぶん原宿や渋谷あたり)で、いろんな女の子たちに

「キスさせて下さい」

とお願いして回るというもの。

最初は断られまくっていた彼だが、さすが女の子を口説くことにかけては(日本男子より)上手のイギリス人、最後には、ついにカワイイ娘の唇をゲット!?

 

「旅の恥はかきすて」とはよく言ったもの。『ili』は、旅先の“いろんな”コミュニケーションに、大活躍しそうだ!

 

気になるリリース時期は、全世界で2016年夏の予定だ。

 

【参考・画像】

※ ili

【動画】

※ Kisses in Tokyo – ili (Wearable Translator) by Logbar – YouTube

【関連記事】

※ 本当にVR元年到来?予約開始された「Oculus Rift」未来はすぐそこに!

※ 聴覚障害者が話の輪に入れる手話音声翻訳デバイス

※ ウェアラブル化に期待!手話を自動翻訳する装置で豊かなコミュニケーションを

※ 【CES2016】ボッシュがスイッチの触感を再現した不思議な平面ディスプレイを開発、「コネクテッドカー」が生むもの

※ 2020年東京五輪までに実用化されるか?スマートグラスによる未来の野球観戦スタイル

1ページ目から読む