iPhoneケースが工芸品に?匠の技が注がれた「薄金 for iPhone 6/6s」

金属加工の匠が集結

『薄金 for iPhone 6/6s』は、薄さ0.8mm、軽さ20gという、金属加工の匠の技が集結されたiPhone 6/6s用ケースだ。

シルバーカラー

source:https://www.value-press.com/

 

株式会社モルファが金属雑貨ブランドの『MORPHA WORKS(モルファワークス)』から発売した。

同ブランドでは、時代や流行に流されない、研ぎ澄まされたデザインの金属雑貨を販売しているという。

『薄金 for iPhone 6/6s』の繊細で精巧な仕上がりは、兵庫県尼崎市に結集された、金属加工の匠たちが運営するプロジェクトによって生み出された。

『MORPHA WORKS』では、この世界の先端を走る金属加工技術を、日本や世界に広めることを目的ともしている。

 

細部に宿る匠の技

さて、『薄金 for iPhone 6/6s』の極薄のステンレスには繊細な装飾が施されているが、目指したのは“薄い”、“軽い”、“美しい”という特徴だ。

iPhone本体同様に、0.01mmの精度を追求し、フレームを固定する側面の勘合部には、ネジを使わない宮大工の継手の技術が応用されている。

この、ネジを使わない金属製iPhoneケースは、世界でも珍しいものらしい。

4隅の曲面の精巧さは、プレス加工で100年の歴史を持つ大島金属工業株式会社が実現している。

そして背面には、アラベスク模様の繊細なテキスタイル柄が、レリーフとして彫り込まれている。

ブラックカラー

source:https://www.value-press.com/

 

これだけの技術と美しさであるため、27,000円(税込み)と値段もそれなりだ。

カラーバリエーションは、シルバー/ブラック/シャンパンゴールドの3色。

ありふれたケースでは物足りないiPhoneユーザーは、手にする度に、そして見る度に匠の技を感じられる『薄金 for iPhone 6/6s』を選択してみてはいかがだろうか。

 

【参考・画像】

※ 金属加工の匠たちの業を結集させた、薄さ0.8mm、軽さ20gのiPhone6/6sケース発売 – 株式会社モルファのプレスリリース

※ MORPHA WORKS ONLINE STORE

【関連記事】

※ 【CES 2016】スマホにも最高のカメラレンズを!「iPhoneに装着できるツァイスレンズ」が登場

※ 進む大容量化?次期iPhoneは最大256GBになるかも!

※ 放送間近!大河の主役「幸村のスマホ袋」が数量限定で販売開始へ

※ スター・ウォーズファン必見!宇宙に1つだけのiPhone6/6s用ケース

※ 薄さ重視の人も耐久性重視の人も満足できるiPhone 6s/6用ケース「JEMGUN Fero」

1ページ目から読む