トヨタ「つながる技術」強化、次世代のキーワード「コネクテッド・カー」に迫る

「コネクテッド・カー」に向けた布石

IoT(Internet of Things)時代の到来で、家電もインターネットにつながる動きが高まっているが、クルマも例外では無い。

2020年を目処とする、自動運転機能を備えた“コネクテッド・カー”実現への地盤整備の一環と思われるが、便利さの追求と引き換えに、ハッキングなどによる重大な被害が増える恐れもある。

今後、通信セキュリティ確保への取組みが、これまで以上に重要になるのは言うまでもないだろう。

今回のトヨタの取組みは、予想される懸念材料への先手対応の一つと言えそうだ。

 

【参考・画像】

TOYOTA Global Newsroom

【関連記事】

トヨタがクルマに学習機能!国内AIベンチャーに10億円出資

「自動走行EV」開発でIT企業からの参入が相次ぐ

自動運転への布石で来年6月、国交省がミラーレス解禁か?

トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ

トヨタが開発を急ぐ「自動運転車」は2020年までにGoogle Carを凌ぐ?

1ページ目から読む