ウェアラブルに話しかけて離れた車に指示をする。ボルボとマイクロソフトがリモート音声コントロールを実現

ウェアラブルデバイスを通して車に話しかける

ボルボが提供する音声コントロールの機能は、アプリ『Volvo on Call』を、ウェアラブルデバイスからの音声指示で利用する事で実現している。

このウェアラブルデバイスには、腕時計型の『Microsoft Band 2』が採用される。

ユーザーは手首に装着した『Microsoft Band 2』に話しかけることで、ボルボ車を遠隔操作できるのだ。

 

例えば、ナビゲーションを設定したり、ヒーターを付けておいたりできる。

また、ドアのロックを解除したり、ライトの点滅を指示したり、あるいはクラクションを鳴らすことなども可能だ。

まぁ、これらの遠隔操作を音声コントロールする事がそれほど便利かと言われれば、どうしても必要と言う程の利便性でもない。いずれの機能も、車に乗ってから直接操作しても、さほど不便とも思えないからだ。

しかし、これらの機能は足がかりに過ぎない。市販されている自動車において、ウェアラブルデバイスを使って遠隔操作することが実用化されることを考えると、今後の展開を期待させてくれるからだ。

Volvo Microsoft Band 2

source:https://www.media.volvocars.com/

 

カーライフを楽しくするテクノロジーへ

実際、今回のボルボとマイクロソフトの共同開発によるリモート音声コントロールの実装は、次世代の自動車テクノロジーへの野心的な第一歩なのだという。

ボルボが目指すのは、最新テクノロジーによって、カーライフをシンプルかつ便利にすることだという。

従って、同社にとってのイノベーションは、テクノロジーありきではなく、ユーザーの利便性や安全性、そして楽しさを追求するためのものになる。

その手始めとして、手首に装着したウェアラブルデバイスで、車と会話してみて欲しいと提案しているのだ。

また、マイクロソフトも、ボルボと協力することでドライバーの安全性や生産性を向上させることを、目指しているという。

残念ながら、『Volvo on Call』の日本導入時期は未定となっているが、ボルボに限らず、ウェアラブルデバイスで愛車と会話できるようになれば、カーライフの楽しさが広がることは期待できそうだ。

 

【参考・画像】

※ ボルボとマイクロソフト、ウェアラブルなクルマとの音声コントロールシステムを発表 – 日経プレスリリース

GLOBAL NEWSROOM – VOLVO CAR GROUP

【動画】

※ The Future Is Now – Volvo Cars and Microsoft enable people to talk to their cars – YouTube

【関連記事】

※ 【CES 2016】トヨタの人工知能研究TRIがもたらす自動運転の未来

※ 【CES2016】ボッシュがスイッチの触感を再現した不思議な平面ディスプレイを開発、「コネクテッドカー」が生むもの

※ これであなたも「フォース」の持ち主?CESで話題の、手の動きで操る次世代ロボット

※ これさえあればベジータに?ブラザー社の「エアスカウター」

※ トヨタがプラグインハイブリッド車開発に本腰、PHVシステム開発部を立ち上げ

1ページ目から読む